デジタル大辞泉 - 隔靴掻痒の用語解説 - 《「無門関」序から。靴の上から足のかゆいところをかく、の意》思うようにならないで、もどかしいこと。核心にふれないで、はがゆいこと。「隔靴掻痒の感」 《2020年最新》【隔靴掻痒】かっかそうよう の意味や使い方、同義語(類義語)・反対語(対義語)、人気度までコンパクトに紹介。全日本四字熟語普及連盟が運営する公式サイト。 まこそうよう: 意味: 物事が思い通りにうまくいくこと。 または、細かい要望に対して満足する結果で応えることができること。 痒い所に手が届くという意味。 「麻姑」は手の爪が鳥のように長い中国の伝説 … 四字熟語 - 2020年最新版四字熟語辞典:隔靴掻痒 - かっかそうよう - 物事が思うようにならくて、じれったく、もどかしいことの喩え。「靴くつを隔へだてて痒かゆきを掻かく」と訓読する。同義語:「隔 …

隔靴搔痒(かっかそうよう)の意味・使い方。物事が思うようにならず、もどかしいこと。また、物事の核心や急所に触れることができずに、はがゆくじれったいこと。 「隔靴掻痒」とは「かっかそうよう」と読んで、中国の古い仏教書に由来した四字熟語で、靴を隔てて痒い部分を掻く(かく)、との事で、靴の上から足の痒い所をかく、とのイメージになり、思い通りにならずじれったい、核心に触れられずはがゆい、といった意味になるのだそうです。

かっかそうよう: 意味: 望みどおりにならないことに苛立ちを覚えること。 または、物事の重要な部分に触れることができずに、もどかしいこと。 履いている靴の上から、足のかゆいところをかくという意味 …

隔靴掻痒(かっかそうよう)の意味・使い方。痒いところに手が届かないように、はがゆくもどかしいこと。思うようにいかず、じれったいこと。物事の核心や急所に触れず、もどかしいこと。靴を隔てて痒いところをかく意から。 「掻」はかく、ひっかく。 かっかそうようで始まる言葉の類語辞書の検索結果。 - 80万項目以上収録、例文・コロケーションが豊富な無料英和和英辞典。