床は、乳酸菌はまだ無く、phが中性で栄養価が高く雑菌の繁 殖しやすい状態です。塩分を高くし、雑菌の繁殖を押さえて 下さい。捨て漬を行い、乳酸菌を増やしていきます。 酵母菌は、好気性菌で床の表面で増殖します。増えすぎると ぬか漬けで注目されている成分は乳酸菌です。ただし、乳酸菌や酵母菌などの微生物は米ぬかに含まれていたものではなく、もともとは野菜に含まれていたものです。 米ぬかは乳酸菌のエサになるので、野菜を漬けることでどんどん繁殖していきます。.
ぬか漬けは、目には見えない微生物が美味しさを作ります。微生物の種類は乳酸菌、酪酸菌、産_膜酵母などがあり、一つの生態系ができています。このような微生物のバランスがとれていると、いい香りがして美味しいぬか漬けができあがります。 ぬか漬けの栄養や効果(乳酸菌) そもそも糠漬けって何かというと、 糠漬け(ぬかづけ)とは、米糠を乳酸菌発酵させて作った糠床(ぬかどこ)の中に野菜などを漬けこんで作る日本を代表する漬物の一つである。 ※wikipedeaより引用. 自分でぬか漬けを漬けるという人が減っているそうです。これは非常に残念!ぬか漬けは自宅で自分でできるプロバイオティクスの最も簡単な培養方法なのです。ぬか漬けに含まれる乳酸菌、酵母、酪酸菌の効果を紹介します。きっとぬか漬けを始めたくなりますよ。 乳酸菌が食べ物を食べてつくる乳酸のおかげで、食べ物は保存食に早変わりする。韓国のキムチやドイツのザワークラウト、ヨーロッパのヨーグルト、チーズなんてのは各国を代表する保存食。乳酸の酸味でどれもすっぱいが、あれが雑菌の繁殖を防ぐ、とこういうわけなンである。

・乳酸菌がぬかの糖分を食べて増殖、乳酸が増えて床内のpH値が4.6〜4.8(割と酸性)に下がる ・酸によって各種細菌類の数が減り、乳酸菌が優勢になる ※酸性の環境のなかでは普通の微生物は生きられない . そう、ぬか漬けは日本古来の発酵食品。