そのため、対策としては組み分けテストと同様に今までおこなったマンスリーテストの復習や中学入試の過去問題を活用して自分の弱点を洗い直すという作業が効果的です。 【マンスリーテスト】サピックスのマンスリーテストの偏差値は? サピックス新6年生2月11日(火)マンスリーテスト傾向と対策 ※公開は終了いたしました。 5年生 2020年1月13日 【公開期間 01月06日〜 01月13日 13:00 頃まで 】 サピックス4年生に向けて例年の組分けテストで正答率が割れる(40〜70%)ような問題と、思考力を鍛えるための模擬テストを配信しております。 4年・5年・6年は『サピックス3月組分けテスト』解説動画を配信中! さらに、組み分けテストでは、クラス替え・実力把握以外にも大きなメリットがあります。 それが、 復習をさせることができる ことです。 いくらマンスリーテストで毎月の復習をしていても学習内容を忘れていってしまうものです。 サピックスの組み分けテストは範囲のない実力テストです。ミドルクラスの生徒がどのように取り組むべきか、どのように対策すべきかをお伝えします。また正答率の低い問題が出される意味もお伝えして … サピックスには大きく分けて5種類のテストがあります。 その中でも通塾生にとって重要なテストが、マンスリーテストと組み分けテストです。 2つのテストの大きな違いは実施頻度とテスト範囲です。