サラリーマンには年末調整があるので、収入から経費を差し引く機会などないと思われがちですが、「特定支出控除」という制度を利用して経費を差し引くことができます。ただし、特定支出控除を受けるためには厳しい条件をクリアする必要があります。 サラリーマンのスーツや車は必要経費になるの?ならないの?一度は疑問に思った事はありませんか?どう考えてもスーツは出勤するために必要な衣服であるにもかかわらず、会社の経費としては認められていませんよね。 年末調整はサラリーマンの給料のみが対象ということを確認しました。しかし、勤め先で年末調整をするためには、書類をいくつか会社に提出する必要があります。次はどのような書類が必要か、について … 給与所得控除とは、サラリーマン・会社員やパート・アルバイトなどの給与所得者が収入から差し引ける必要経費のことです。給与所得控除の額は収入の額によって異なり、近年の税制改革により、高額所得者を中心に給与所得控除が縮小、つまり、増税となっています。 正確に年末調整をしていない場合の後処理は大変です。最悪の場合には、会社からも見捨てられます。このページでは、年末調整についての素朴な疑問をできる限り専門用語を用いずに解説しております。サラリーマンの方は必読です! 質問させてください。30代の夫婦で子供はおりません。主人はサラリーマンで、年収500万程です。私は自営業収入がありますが、所得(売上から経費を引いた金額)が100万ほどなので、社会保険は主人の扶養に入っております。この時期主人の年 サラリーマンにも必要経費が認められるようになったと聞きました。 確定申告すれば使ったお金が戻ってくるのでしょうか? 宮塚 達夫先生 (みやつか たつお) プロフィール 所得控除を理解しましょう 特定支出控除を理解しましょう 水野 良夫さん(仮名 41歳 会社員)のご相談