今週からさー、本科生の授業で自由制作が始まるのよねー。自由制作って事だから、好きなもの作るんだけど授業数が5回しかないの。だから自由制作とはいっても、スカート、パンツ、シャツ、ワンピ、コート辺りで制作してもらいたいんだけど、ジャケットとケー ノーカラー、ノースリーブの見返しの縫い方について。 以前も他の方から何度か聞かれたことがありますが、ひっくり返らない! ということに陥りやすい仕立てなんですよね。 どんでん返しの縫い方 どんでん返しとは? ひっくり返すという意味。 洋裁では裏地付き(リバーシブル)のジャケットやベストなどを作るときに同じ形の表生地と裏生地を中表に合わせて縫い合わせ、開けておいた1箇所の返し口からひっくり返す縫い方です。

えりの見え方と部分の関係ジャケットのえりと見返しの関係が分からないらしいので色分けしてみました。テーラードジャケットの特徴的なえりは折り返して作られているので、実は青色の部分は見返しというパーツなのです。えりや折り返しの部分だけ変えたい場合 落としミシンの勢い余ったままおさまらないので、このまま次の記事いきます。今回はねー、「プリンセスラインやパネルラインのカーブの縫い方」これもコツ、知りたいよね。実はワタシもかつて知りたくって、オリエちゃんに聞いた事あったの。まぁ何でもそうだ