駆動用バッテリーはリチウムイオン充電池で、リアラケッジルームの床下に配置されます。寿命は7年。保証期間は3年間または6万kmまでの走行と、他社と比較すると短めです。 保証期間外の交換費用は、25~30万円とのこと。 解決済み スズキsエネチャージの助手席下リチウムイオンバッテリーを交換された方いらっしゃいますか? スズキエネチャージの進化版sエネチャージ車のワゴンrやスペーシア、ハスラーそしてマツダの. 今回は新型スペーシアのバッテリー交換の時期と方法について紹介していきます。 バッテリー交換の時期はいつ? 引用:スズキ公式hp スペーシアにはボンネットにある鉛バッテリーと助手席下にあるリチウムイオンバッテリーがあります。 スズキの人気車種である「ソリオ」「バンディット」のハイブリットタイプであるma-36sの鉛バッテリーの品番はn-55です。 ハイブリット車であるソリオhybrid-mz、ソリオhybrid-mx、ソリオバンディットの場合の形式ma36sの場合、適合の鉛バッテリーは「n-55」となります。 駆動用バッテリーはリチウムイオン充電池で、リアラケッジルームの床下に配置されます。寿命は7年。保証期間は3年間または6万kmまでの走行と、他社と比較すると短めです。 保証期間外の交換費用は、25~30万円とのこと。