有給取得率がほぼ100%と言われるドイツ。残業などほとんどなく、効率的な働き方であるにも関わらず、その労働生産性は日本よりも圧倒的に高いとされています。日本では「働き方改革」が叫ばれる昨今、ドイツ人の働き方から参考にする点も少なくないでしょう。 有給取得率がほぼ100%と言われるドイツ。残業などほとんどなく、効率的な働き方であるにも関わらず、その労働生産性は日本よりも圧倒的に高いとされています。日本では「働き方改革」が叫ばれる昨今、ドイツ人の働き方から参考にする点も少なくないでしょう。 ドイツでは、病欠日数は有給休暇から差し引かれることはなく、別途最高6週間まで病休が与えられます。 病気やケガで働けなくなった場合、医師に「就労不能証明書」を書いてもらい、それを上司や人事部、健康保険組合などに提出します。 年次有給休暇の付与日数: 1暦年につき24週日(週日とは日曜日、日曜日以外の所定休日及び法定祝日を除く暦日)、週5日制の場合は20週日 年次有給休暇の連続付与: 連続12週日の付与を要するが、労働協約等で異なる定めも可能。 年次有給休暇の付与方法: 年次有給休暇制度における継続勤務要件: 労働契約が成立してから6か月以上 年次有給休暇の付与日数: 1暦年につき24週日(週日とは日曜日、日曜日以外の所定休日及び法定祝日を除く暦日)、週5日制の場合は20週日 年次有給 ドイツはフランス(有給休暇25日+祝日10日)、英国(有給休暇25日+祝日8日)などにも大きく水を開けている。 ドイツ企業は、「休暇の最低日数に関する法律」に基づき、社員に最低24日(フルタイムで週6日就業の場合)の有給休暇を与えなくてはならない。 【世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018】 日本の有休取得率、有休取得日数、ともに世界最下位 「有給休暇の取得に罪悪感がある」と考える日本人は世界最多! 「上司が有給休暇の取得に協力的」と考える日本人は世界最少!の記事です。 ドイツでは有給休暇の日数を法律で定められている ドイツの労働者は30日間の有給休暇を取得する事ができます。聞いた話によると、新入社員は最初の1年間は25日間しか有給がもらえなかったりする場合もあるそうです。 ドイツの「休暇法」と実際の有給日数 ドイツの国で決められている最低有給日数は、週休2日とは別に年間20日です。 しかし実情レベルでは週休2日とは別に、 ほとんどの会社は年間有給30日を採用 してい … 有給休暇を使い切るドイツ 有給を使い切ることに関して言えば、ドイツ企業で働く大半の人は、毎年30日間の有給を全部使いきるそうです。上記のビデオで、昨年取った休暇は「30」日と答えた人も例外ではありません。ドイツでは有給のほか