Windows10 で自動でスリープになるのを無効にする方法を紹介します。自動でスリープになるまでの時間を変更でき、「なし」にすると無効化できます。同じようにしてディスプレイの電源が切れるまでの時間も変更できます。 スリープと休止状態を使いこなそう パソコン作業をしていて、ちょっとご飯を食べたい時など、しばらくパソコンの前から離れる時があると思います。 電源を入れたままでは電気代がもったいないし、作業 … 一定時間内でパソコンを操作しない場合、パソコンが自動でスリープ状態になります。しかしパソコンを電源つけたままにしたい場合、スリープの設定をオフにしたいです。ここで、パソコンのスリープ設定を変更する方法について紹介します。 Windows10 のディスプレイの電源を切る時間を設定する方法を紹介します。 一定時間以上のPCの操作がなかった場合に「ディスプレイ(画面)の電源」を切ることができます。 Windows10 をスリープ状態にする時間を設定する方法を紹介します。 スリープとは、パソコンが省電力モードになることをいいます。 スリープ状態には、設定した時間以上のPCの操作がなかった場合に移 … Windows 10 のスリープの設定は、「電源とスリープ」及び「電源オプション」から操作します。スリープの設定に、パソコンがスリープするまでの時間や、スリープからの復帰時にパスワードを要求する、スリープ機能を無効にするなど、様々な設定ができます。

Windows 10 で電源とスリープの設定を調整するには、 [スタート] に移動し、 [設定] 、 [システム] 、 [電源とスリープ] の順に選択します。 [画面] で、デバイスを使用していないときに画面の電源をオフにする前に待機する時間の長さを選択します。