「手紙の基本書式」のテンプレート(書き方・例文・文例と様式・書式・フォーマットのひな形)の1つです(他2件あり)。本テンプレートは、手紙の書き方の基本書式です。「手紙 テンプレート(基本書式)(縦書き)01(ワード Word)」の横書きバージョンです。 ビジネスでも手紙を書く機会が少なくなりましたが、大切なビジネスの時には手紙を書くことは重要です。手紙の書き方の文例のなかでも横書きと縦書きで書き方が違います。横書きの手紙の書き方は友人に送る時にも役立ちますので、文例を見ながらたまには手紙を書いてみてください。 横書きの手紙では頭語や結語が省略されることも多く、口語調のカジュアルな文章を書くときに向いているでしょう。 *ただしビジネス文書や公的な文書は横書きのものも多いですし、書き方が決まっているものがほとんどです。

手紙の書き始めの拝啓や敬具、ビジネスで活用する記書きを用いる場合、手紙の書き方や書く位置などルールがきちんとあります。社会人として、またビジネスにおいても大切な事なので、ルールは守らなければなりません。ここでは、手紙を書く際の敬具を書く位置など説明します。 横書きの手紙の基本構成をご紹介します。目上の人や改まった手紙を書く場合、手紙は縦書きにすることがマナーですが、親しい人に宛てるカジュアルな手紙には横書きの便箋を使用することができます。 普段あまり手紙を書かない人が、ビジネスで手紙を書く際に悩みがちなのが拝啓と敬具の位置です。仕事で突然手紙を書くことになった時にあわてないよう、手紙やビジネス文書などで活用できる拝啓と敬具の使い方と位置を確認しておきましょう。