しかし熱膨張率が大きい為、ピストンクリアランスも大きくする必要があります。 ちょっと比べてみましょう! コスワ-スのピストンクリアランス 0.09~0.10mm ピストンリングの摩耗は焼き付きでもしない限り目視では分かり難いですが、クリアランスを測ってみるとしっかりと摩耗しているのが分かりました。次は50,000km(新聞屋さん?)走ったピストンリングも見てみたいですね。 (ps) 補足 ① サイズ+020は、Standardより+0.02” (0.508mm)だけ大きいことを意味する。 ② ピストン・リングだけ購入する場合もあると思うが、下表のオーバーサイズしかない。 ③ 同車種同排気量でも、年式によって圧縮比が異なることがある。 ピストンピン抜き シリンダーとピストの隙間測定の続き。 今回はピストンリングのクリアランス測定。 これはピストンリングをシリンダーに挿入して リングの合口の隙間を測定するものです。 測定ツールはシックネスゲージです。 そこで熱膨張を前提に余裕を持たせないとならない。つまり普段走っているときは、ピストンクリアランスが大きい。この大きめのクリアランスを、燃焼室で爆発した排気ガスがスリ抜けてピストン下のクランクケースへ下降していくよネ。 ピストンの頭もさすがにスラッジ等で真っ黒になってます ... こちらは、インテーク側です エキゾーストに比べてちょっと大きいです ... バルブクリアランスを測って規定値を越えている箇所はシムを交換しま … 標準のcvaダンパーの場合、ピストンとケースのクリアランスが大きいことと、1穴でも大きい穴ということで動きは軽くなると思います。 この動きに合わせるためにtrfダンパー用2穴ピストンの穴径を大きく …