ダイハツ新型ムーヴがフルモデルチェンジになるのをご存知でしたか?最新情報としてプラットフォームの変更でdngaとなり、パワートレインや安全性能が切り替わりますね!現行型のムーヴもいいが新型はもっと良くなりますね! 現在生産されている6代目の生産はダイハツ滋賀工場(第2地区)および京都工場 で行われる。 かつてのモデルでは並行して本社(池田)工場で生産されていたモデルも存在する。 歴代ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジの歴史 . ダイハツムーヴは、低価格高性能で幅広い世代から人気のある軽自動車です。2017年8月にマイナーチェンジを行いましたが、2020年にフルモデルチェンジを予定しているとの情報が入りました。 ムーヴ ... ムーヴは、初代モデルから現行モデルまで一貫してベストセラーとなっており、ワゴンrと熾烈な販売競争を繰り広げるなど、軽トールワゴンの代表的な車種の一つになっています。 ダイハツ新型ムーヴとカスタムのフルモデルチェンジの最新情報をお届けすると共にこれまでの歴史を振り返りたいと思います。次期ムーヴの搭載エンジンや発売予定時期などだけでなく新しいコンセプトを見ていきましょう。 国産の軽自動車業界において、ダイハツの顔ともいえるダイハツムーヴ。これまで数回のモデルチェンジを行い、現行モデルで6代目となりました。そんなムーヴの歴史やモデルチェンジを振り返って、ダイハツムーヴの歴史とモデルチェンジ等、2018年最新情報に触れてみましょう。 以前、ダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「ムーヴ(Daihatsu Move)/ムーヴ(Move Custom)」が、2020年夏~冬にかけて登場する?という記事をご紹介しましたが、今度は自動車ニュースサイトSpyder7さんの情報より、どうやら最速で2020年8月に登場するかもしれないとのこと。 ダイハツ・ムーヴのモデルチェンジ情報:2020年8月誕生予定の新型ムーヴは、次世代型スマートアシストを搭載し安全性を強化、エンジンを改良・新プラットフォーム「dnga」を導入して更なる低燃費を実現する見込みです。 国産の軽自動車業界において、ダイハツの顔ともいえるダイハツムーヴ。これまで数回のモデルチェンジを行い、現行モデルで6代目となりました。そんなムーヴの歴史やモデルチェンジを振り返って、ダイハツムーヴの歴史とモデルチェンジ等、2018年最新情報に触れてみましょう。 ダイハツのラインナップの中で歴史のある軽ハイトワゴン「ムーヴ」。 現行モデルの販売期間が長く2020年にいよいよフルモデルチェンジを迎えそうです。 『ダイハツ新型ムーヴ』のフルモデルチェンジ時期はいつになるのか? 初代ダイハツ タント (2003-2007 l350s/360s)元祖スーパートール軽ワゴンとして大ヒットダイハツのスーパートール軽ワゴン「タント」の初代モデルは、2003年11月に発売されました。それまでも、同社から「ムーヴ」、スズキから ムーヴは2020年12月にフルモデルチェンジ実施予定です。ライバルたちから"1周遅れて登場する"ということは、次は"トップの新型"として躍り出るということ。次期型ではタントと同じくdngaを採用し、軽量化ボディを採用し、走行性能・乗り心地の向上が行われます。 ムーヴ (move) は、ダイハツ工業が生産・販売する軽トールワゴンのブランド(商標)、および車名である。. ダイハツ初代ムーヴが発売されたのが1995年で約25年前になります。そんな歴史あるムーヴがフルモデルチェンジを行い、7代目新型を発売します! この発売日については、2019年12月が予定されています … タントのフルモデルチェンジからムーヴのフルモデルチェンジとダイハツから目が離せませんね! 詳しい情報はまたこの記事で追加アップしていきたいと思います! 軽自動車最高!