各キャリアの転送電話サービスを比較しました。基本的に各キャリアともに、月額無料で転送電話を利用することができます。転送代も通話無制限プランの適用になる場合もありますので、使いこなすと非常に便利です。かなりおすすめのサービスです。 「転送電話」では、以下の設定ができます。お客さまのご利用環境に合わせて設定してください。 設定状態を確認する; 呼出時間を設定する; ガイダンスの有無を設定する 「転送電話」かつ「呼び出しあり」を指定するため、「441#」を押す 同じ転送電話サービスでも「モバイル03電話番号転送サービス」と「 Toones転送電話」は回線工事は不要です。 また、 スマホで固定電話サービスの「03plus」はもちろん回線込みのため工事費用がかからず、初期費用を抑えることができます。 設定変更専用ダイヤル[1406]から設定を変更してください。 詳細についてはワイモバイル社にご確認ください。 流れとしては以下の通りです。 1.ご利用端末から「1406」へ発信する 2. ワイモバイル音声契約の盲点として、 初期設定の状態で留守番電話センターへの転送がon =「留守番電話センターに転送」、「20秒」後となっている点があります。 開始するには「1406」に電話して、以下の番号を設定します。 ・留守番電話呼び出しあり「431♯」 ・留守番電話呼び出しなし「432♯」 メッセージの再生. きた電話をほかの電話に転送するサービスです。転送先は他のワイモバイル電話機や一般電話、 携帯電話などを設定できます。 ※ご利用には、本機からのお客様ご自身での設定が必要です。 海外への転送には対応しておりません。 私はワイモバイル(旧ウィルコム)ユーザーです。最近スパムメール対策で今まで届いていたメールが届かなくなったので、ワイモバイルの設定をやり直しました。突然届かなくなったメールがある方は設定を見直しましょう。