家電製品が壊れる原因は次の二つです。 ・寿命による故障 ・不具合による故障 これらをおのおの詳細に解説し、なぜ家電が壊れるのか、どうしたら壊れにくい使い方ができるのか?等を家電専門家の鈴木はるかが詳しく解説します。さらに、加入するとお得な家電サービスなども紹介します。 % >最近の家電は壊れやすいとかいう声もあるようですが、 たしかにそれぐらいの前の扇風機でいまだに動くものってありますね。 でも危険性はあると思いますよ。 古い扇風機から発火みたいな報道がよくあ … 最近、愛読させて頂いている複数の中国在住ブロガーさんの記事で、「家電が壊れる」記事を拝見しました。それぞれにコメントさせて頂こうかと思いましたが、それより、記… 家電製品が壊れやすい人というのは、ある傾向があります。スピリチュアル的に問題がある!というのではなく、家電製品の購入パターンに特徴があります。これらを理解した上で、自分がその家電に何を求めているのかを観察してください。 みなさんは冷蔵庫のメーカーでハイアールというのをよく見かけませんか? ハイアールというのは中国を本拠とする家電メーカーです。 冷蔵庫、洗濯機では世界No,1シェアの企業です。 ハイアールの製品は安価であるので、壊れやすいとか機能性が悪い などと考える方が多いと思います。 家電の安い時期は2つあります。1番安い買い時はモデルチェンジ時期ですが、家電によって時期が違うので知っていないと失敗します。年末年始や決算期、ボーナス商戦のセール時期の家電量販店の注意点や、安い時期を逃した時でもお得に買い替える方法をあわせてご紹介します。 ヤマト運輸の方であるから、毎日家電製品を配送しているのであろうから、我々と違い初期不良に当たる事もあるであろう。 そして、ある程度の偏見も持ち得るだろう。 ・中国メーカーは壊れやすい と。 今や完全に日本製の物は少ない 一番壊れやすいメーカーなのかもしれません。 国内シェアを計算すると、 次に日立、次にシャープという順番で壊れやすいのかもしれません。 続いて、 『エアコン 壊れた 〇〇(メーカー)』 で検索をかけた時の検索結果はこちら。 東芝 675000