スプレー缶の捨て方って知ってますか?塗装スプレーやヘアスプレーや制汗スプレーや殺虫剤、色々な場面でスプレーを使っています。スプレー缶はどうやって処分すれば良いのか、正しい処分のやり方を迷ってしまう方が多いと思います。今回は、スプレー缶の処分の方法をご紹介します。 使わなくなったが中身の入ったスプレー缶や中身が残っているガスボンベの処分に困っています、と岡崎市や安城市。西尾市、刈谷市などからお問い合わせやご依頼がたくさんあります。. スプレー缶については、使い切って捨てること、穴を開けてから出すことなど、廃棄ルールが指定されていることがあります。とはいえ中身の入った(残った)スプレー缶はどう処分すればいいのと気になりますよね。今回はスプレー缶の処分の仕方について書いています。 不用品回収の業者は、幅広い物を処分してくれます。しかし回収業者も、全ての物を回収できる訳ではありません。身近な物で言えば、ガスが入っているスプレーや生ゴミなどは回収不可能です。その他にも汚物やブロックや液体類も、基本的には回収できません。 食器、スプレー缶、ライター、中身の入ったままの缶詰、蛍光灯、消火器、など 自分も捨てたいのはやまやまだけど、どうやって捨てればいいのかわからない! といったものです。(名古屋市の場合) まず、食器類ですが、これは不燃ごみで捨てられます。 お任せください。 私達は、中身の入った物でも、全て適正に回収致します。 スプレー缶の正しい捨て方をご存じですか?未使用のものや中身が残っているスプレー缶の場合、処分するには注意が必要になります。どのように処分すれば安全なのでしょうか。「捨て方が分からないので何本もたまってしまった」という人も多いと思います。