この記事では、司法書士試験の勉強に使用するテキストの選び方や、インプットとアウトプットの両方においておすすめできるテキストを紹介します。 司法書士は独学か? 司法書士試験は11科目からなっている試験ですが、合格に大きく影響する科目は民法、商法、不動産登記法、商業登記法です。. 司法書士試験の対策講座で使用するテキスト教材を選ぶ際に確認しておくべき3つポイントを解説してます。テキスト教材の合う合わないがその後の学習効果に大きく影響しますので、本記事を参考にチェックしてみてください。 この4科目をいかに抑えるかが合格のカギを握っているといっても過言ではありません。. 司法書士試験は合格率が3%と難易度の高い試験であるため、独学で勉強する場合は テキスト選びが重要なポイントとなります 。. 司法書士の受験勉強を『独学』で進めようとしたときに一番悩むのが、六法やテキストなどの教材だと思います。 私自身、これまでに様々な六法を購入して試してきましたので、このページでは、その中でおすすめの六法についてご紹介したいと思います。 このページでは、各講座のテキストについて比較してみようと思います。実際の中身は実際に受講生にでもならない限り伺い知ることができませんので、公表されているサンプルテキスト、市販テキストの出来、私の経験からお話してみたいと思 […]