基本的に国民健康保険に入ることになりますが、退職する会社に2ヶ月以上在職していれば、在職中加入していた健康保険を2年間任意継続することができます。2ヶ月以上勤め上げていれば、どちらを選んでも良いということですが、問題なのは、どちらが安いか、 退職の健康保険は「任意継続」か「国民健康保険」かどちらにした方が保険料は安くなるのか気になっている人は必見!人の条件によって、どちらを選択すべきか変わってきますが、このページを見て頂ければどちらを選択すべきか分かるようにまとめています。 国民健康保険より任意継続がお得なケースとは? サラリーマン時代に年収で約500万円を超えていた方で退職後に年収が同じか上がる場合、「任意継続」を選択する方がお得な場合が出てきます。 任意継続とは? 任意継続とは、退職後2 退職後の健康保険は国民健康保険・任意継続・扶養に入る3つの選択肢があります。扶養に入れない場合は、「国民健康保険」か「任意継続」のどちからかに加入する必要がありますが、どちらか決めるときは『保険料次第』という人が多いと思います。 任意継続とは; 国民年金の加入について ; 資格喪失後の医療保険の加入について; 健康保険制度の概要; 後期高齢者医療制度; 介護保険制度; 保険料率; 現在位置:全国健康保険協会 > 健康保険ガイド > 健康保険等について > 退職後の健康保険のご案内(任意継続) > 任意継続とは.