≪未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査≫スマートフォン所有率が小学生60.2%、中学生82.0%に。女子高校生は使い過ぎで4人に1人が体調不良を感じ、5人に1人が成績悪化を注意された経験 … 小中学生のスマホ所持率が年々上がってきています。2019中学生の所持率は?ス学校へ持ち込みokのところもあり問題もあり!スマホの親子でルールの決め方、中学生がスマホを持つメリット・デメリットがあります。夏休み・長期の休みには親として特に注意したいところです。 小学生の所有率の中身はおおよそが、防犯目的で持たされている携帯電話によるものだろう。小学1年生では8.5%だが、それが少しずつ保有率を上げていく。しかし小学6年生でも31.9%と3割強に留まる。これが中学生になると58.7%、高校生では96.8%にまで跳ね上がる。 実際出された通知を読みたい方は学校における携帯電話の取扱い等について(通知):文部科学省をご覧ください。 約10年前の通知ですが、今もこの通知をもとに学校は動いています。 小学生・中学生・高校生のスマホ所持率はかなり上がっています

2009年6月 5日(金)に掲載した記事「子供の携帯電話等の利用実態や意識について」のページです。セコムが運営する「子どもの安全ブログ」では、「子どもの防犯」についてたくさんの情報を配信していま …