尿検査といえば、普段はあまりする機会がありませんが、会社の健康診断などでは必ず行われています。 身体には特に何の症状がないのに 「ちょっと蛋白が出てますね~」 なんて言われると、とても気になりますね。 今回は、そんな尿検・・・ ②尿の性状に起因する試験紙への影響 高比重尿⇒試験紙への浸み込みが弱い⇒陰性傾向 ③共存物質、尿中成分の影響 白血球反応を阻害する共存物質 ・高濃度のセファレキシン、ゲンタマイシン ・保存剤として添加したホウ酸 ・高蛋白尿、高ブドウ糖尿 おまけです。。。 尿の蛋白を自分の家で検査する方法。 綺麗な耐熱ガラスの鍋(もう使わない覚悟で)に尿をいれ、沸騰させます。そこにお酢を数滴滴下すると蛋白がある場合は全体が濁ります。蛋白の量が多い場合は沈殿物が出来ます。 尿が妙に泡立つことありませんか?1週間くらいにわたって尿がトイレの水面が見えなくなるほどの異様な泡立ちがありました。糖尿病や尿たんぱくが出ているのかと思い泌尿器科を受診しました。その時のことの記録です。(この記事は腎・泌尿器が専門ではないへ 尿の泡だちがなかなか消えないときには、尿に蛋白が混じっている場合があります。茶色っぽい尿や、コ-ラ色あるいは赤ワイン色の尿、あるいは白い色の尿が出る場合があり、尿検査を受ける必要があり … 尿蛋白尿蛋白とは尿蛋白は尿に含まれる蛋白のことで、蛋白が尿に漏れ出ている場合を蛋白尿といいます。健康診断の尿検査によって指摘されることがあります。 健康な人でも1日150mgまでは認められますが、一過性のものであれば特に問題ありません。1日 蛋白尿が出たらどうする? 蛋白尿への対策としては、食事でタンパク質を必要以上に摂らないよう調整したり、腎臓への負担を減らすために疲労を溜めない・感染症にかからないようにするといった方法がとられることがあります。