引越し前と引越し後で行う、さまざまな手続きをまとめました。転校や賃貸契約など、早めに手続きが必要なものもあるので注意してください。「ズバット 引越し」では220社以上の引越し業者の中から厳選した業者へ、無料で一括見積もりを依頼できます。 転居(市内の中で住所移動) 市区町村に変更はないけれど、市内の中で引越しする場合は、転居手続きとなります。 住所地の変更になるので、通知カードを市役所へ提出する必要があります。 なお、手続きによっては、ご本人確認、マイナンバー(個人番号)確認が必要な場合がありま す。詳しくは担当窓口にお問い合わせください。 ~市内転居にともなう手続きについて~ (裏 面 に 続 き ま す) 1階⑪番 障がい者福祉 課 市内・区内での転居に伴って、必要になると思われる主な手続きを掲載していますので、ご確認ください。 転居の手続きは、転居した日から14日以内に行ってください。 転居届とは、旧住所あての郵便物を1年間、無料で新住所に転送してくれるサービスです。 この手続きをしないと、旧住所あての手紙などが届かなくなるため、転居届は必ず出しましょう。 警察署で引っ越し手続きをしよう! 転居届は、市内での引越しなど同一自治体内で住民票の移動をするために必要な手続きです。 引越し日から14日以内に手続きを行わないと、5万円以下の過料(罰金)が科せられる可能性があります。