審判が確定した後にヒアリング飛ばしを見つけたら「再審請求」をします。即時抗告は難しくありませんが、再審請求の手続きは難しいので弁護士さんに頼むと良いでしょう。 まとめ.
家庭裁判所が未成年後見人を選ぶ場合、成年後見人と違う点に、即時抗告ができないという点があります。 成年後見人の場合、審判が出ても即時抗告がされることがあるため、確定まで2週間かかります。選ばれても、法的には、すぐに動けないわけです。 ついで、弁護士を選任したことへの不服については、後見人選任の審判に即時抗告をすることができる旨の規定は存しないと述べる。 二 禁治産宣告の審判と同時にされた後見人選任の審判に対し、独立して不服申立てをすることはできない。 さて、この禁治産宣告の申立人は、家裁の裁判のな

成年後見制度の手続きを申立ての準備(候補者選定、費用や書類の準備など)から申立て、審理(面接、本人調査、親族照会、鑑定など)、審判(後見などの開始、後見人の選任)、審判確定と後見登記まで分かりやすく解説しています。 ② 成年後見人,保佐人,補助人(以下「後見人等」といいます。)は,後見等 の事務について定期的に報告を行うなど家庭裁判所の監督を受ける必要があ ります。 ③ 後見人等に申立人が推薦した候補者が必ず選ばれるとは限りません。家庭