1993年(平成5年)当時は1854の焼却施設があり、世界の7割の焼却炉が日本に集中していると言われていました。 今でも世界における焼却炉の集中度は日本が一番だと思います。

日本における、2012年度のアルミ缶回収率は94.7%、ペットボトル回収率は90.4%というリサイクル率世界トップクラスですが、日本の焼却場数もダントツで世界1となっています(表1)。 日本は世界一「焼却炉が多い国」だそうですね。その理由を知りたいです。 埋める土地が少ないからではないでしょうか。にもかかわらず、消費や浪費が多いのは皮肉なことですね。 あまり知られていませんが、実は日本は世界一の焼却大国です。 そして、リサイクル率はと言えば、先進国の中でおそらく最下位の低さです。世界には日本より遥かに小さくて人口過密な国地域がたくさんありますが、日本ほど焼却に依存しているところはひとつもありません。 日本のゴミの量は、世界一! 2018年3月現在、日本のごみ処理施設は1103施設、最終処分場は1651施設あります。ごみ処理施設数、最終処分場数は世界で最も多いです。焼却場の数は、なんと世界の7割を占めていると言われています。この理由は、

エネルギー量は2炉時よりも やや多い(数%程度)。 4.経済性とのバランスに考慮した施設からの視点 建設費 3炉と比較すると,1炉分 の機器(焼却炉,ボイラ, 送風機,ポンプ,配管等) が不要となるため,1炉毎 の施設規模の違いを考慮 通常は1炉のみ運転ですが、ごみが多い場合は2炉運転で対応します。 Q19. ごみを焼く温度は何度ですか? 850~950℃で、2時間焼却(炉内に入ってから灰になるまで)します。 ストーカー式焼却炉で、安定した燃焼を行っています。

葬式での日本の火葬率は99%を超えると言われています。今や当然のように行われている火葬。しかし海外の葬式では土葬をする国もたくさんあります。なぜ日本では火葬が多いのでしょうか?その理由を …