滝撮影におけるシャッタースピード変更. 「躍動感のある写真を取りたい…」「幻想的な写真を撮りたい…」そんなときは、シャッタースピード(速度)を設定しましょう。シャッタースピード(速度)の基本から、躍動感あふれる写真、スローシャッターで幻想的な写真を撮るコツを紹介します。 こんにちは、まるしかです。 snsで人気の、水がシルクのように流れる写真を撮ってみたくなりますよね。 そう思って2019年は渓流や滝、海でスローシャッター撮影をしてきました。 「スローシャッターって難しい?」 何秒にするのか?が難しかったです。 むしろブレは、月面などの拡大撮影時にシャッター作動時の振動によって発生しやすく、注意が必要です。広角レンズでの星撮影でも、点像や軌跡となって写る星はわずかなブレでも思いのほか目立ちます。ミラーアップや電子先幕シャッターなどを使用して、極力ブレを防ぎましょう。厚紙な ハイスピード撮影で液体と言うと、ミルククラウンが思い浮かぶ方が多いかと思いますが、水に水滴を垂らすと代表的なミルククラウンの形以外にも沢山の表情を見せてくれます。今回撮影に使ったのは、普通の水道水です。特に何も混ぜてはいません。 水の流れを表現するには、1秒前後を目安にスローシャッターで撮影してみましょう。 EOS 5D Mark II・EF14mm F2.8L II USM・Avモード(F20・0.4秒)+0.7補正・ISO100・WB太陽光・撮影地:元滝伏流水・撮影:工藤智道. こんにちは、まるしかです。 snsで人気の、水がシルクのように流れる写真を撮ってみたくなりますよね。 そう思って2019年は渓流や滝、海でスローシャッター撮影をしてきました。 「スローシャッターって難しい?」 何秒にするのか?が難しかったです。 今回は逆に、高速シャッターで水の一滴一滴をブレずに撮影する方法を紹介します。 滝を糸のような質感で撮影したい. 必要なシャッタースピードはいくつ? 下の写真は、シャッタースピード 1/4000秒となっています。 水の流れを高速シャッターで止める. 水の流れはシャッタースピードを変えれば簡単に撮影できるようになります。 シャッタースピードを操り美しく時に激しい水の動きを撮影しましょう! スローシャッターの基本についてはこちらの記事をご覧下さい。 カメラと、嫁ちゃん。 2019.11.14.

滝とシャッタースピードのお話 . 「躍動感のある写真を取りたい…」「幻想的な写真を撮りたい…」そんなときは、シャッタースピード(速度)を設定しましょう。シャッタースピード(速度)の基本から、躍動感あふれる写真、スローシャッターで幻想的な写真を撮るコツを紹介します。 撮影スピードを遅めに取り、水の流れを表現してみたつもりですが、もっとスピードを上げて、瞬間撮影してもよかったかもしれません。 こういったときは、面倒くさがらず、いろいろな設定で撮ってみるべきでした。 シャッタースピードの遅い早い。

水の動きでシャッタースピードの違いを見てみる シャッタースピードが変化すると写り方もどのように変わるのでしょうか。噴水から沸き上がる水の動きをシャッタースピードの設定を変えて撮影した写真でその変化の違いを比較してみましょう。
スローシャッターの基本的な使い方. 撮影する写真・映像の露出(明るさ)に関わるf値・シャッタースピード・iso感度という3つの要素。 今回は、明るさと動画の滑らかさに関わる設定項目のシャッタースピードについて、詳しく見ていきましょう。 f値について解説をしている前回の記事も合わせてご覧ください。 まず滝とシャッタースピードの関係について考えてみましょう。 こちらの2枚の写真をご覧ください。 この2枚は同じ場所、同じ構図で撮影された写真です。 左の写真を見ると、水の動きが止まって見えます。iPhone シャッタースピードが遅い分、いつもよりもカメラをしっかり固定して撮影するのがコツです。 シャッタースピード 1/40秒 絞り値 f5.6 ISO 400.
滝を撮影する前に、シャッター速度と水の動きの関係についてお話しておきましょう。水の流れを表現するためにはシャッター速度が大きく関係しており、シャッター速度によって水の動きを変化させることができます。 上の図は、構図は同じでシャッター速度を違う条件で撮影し、絞りやiso Google MAP