知っておきたい漏電検知の仕組み. 漏電遮断器は一般的に、zct(零相変流器)+漏電リレー+遮断器の構成となっております。zctにて漏電電流を検知し、電子回路に伝え、内部の引き外し装置により電路の遮断を行いま … 過電流検出コイルも付帯しています。1-1 図での2 極式も基本的には様です。構造例は添付「漏電ブレー カの内部構造」をご参照ください。 ※ 漏電発生時の疑問例 ・電力料金の増加 漏電すると電気料金はどれくらい増えるか?を考えます。 カレントコイルを固定した状態でリード線を容易に基板に挿入することのできる新しいカレントコイル配置構造を提供する。 - 漏電検知回路のカレントコイル配置構造 - 特開平9−33597 - 特許情報 煙が出た漏電ブレーカを分解すると、中から漏電検知用の基板が出てきました。 中は真っ黒になっていて、基板も黒く焦げた状態で出てきました。 経験のある方なら分かると思いますが、半導体素子が燃えた時の独特な匂いがしました。 漏電遮断器の構造. 2. すると漏電を検知するコイルに電圧がかかり、それが制御回路によって増幅され、一定値以上の差になると回路が遮断されるというわけです。単相2線式であっても3線式であっても同様の原理となります。 絶縁抵抗計(メガテスター)を使った漏電チェック方法を解説させて頂きます。 絶縁抵抗計とは絶縁抵抗計(メガテスター)とは電機製品や配線(屋内配線)の絶縁抵抗を測定する測定器です。 絶縁抵抗とは電気回路に電気(電流)が流れるとき、電路(電線など 漏電が起きる仕組みはここまでの説明でバッチリだと思います。 次に、漏電を検知して遮断する仕組みについて説明します。 電流の「行き」と「帰り」が違うなら漏電.