夏祭りや花火大会などの開催に際して、地元の企業として協賛金を支出することがありますが、消費税を含めた税務上の取扱いについて解説します。 高速料金を請求する場合はいままでは消費税がかからないようにして請求書を作成しておりました。が、ある仕事の見積もりで他社は高速料金にも消費税がかかっておりました。税理士は、通常の請求には高速料金に消費税プラスが普通を言われ 拝観料という事は、お寺や神社等ですよね。 拝観料については、お札や祈祷料等と同様に、宗教活動上での喜捨金的な性格のものとされますので、消費税は課税対象外(不課税)という事になります。 下記サイトも、ご参考にされて下さい。 神社に提灯奉納料を年1万円納めると、社名の入った縦69センチ横37センチの提灯を正月と夏祭りの期間中、境内の内回廊に掲げてくれます。法人税法では神社の祭礼等への寄贈金は寄附金となり、消費税は課税されないのが普通だと… 献灯とは?葬式用語。 ( 名 ) スル 神仏にささげるため社寺に奉納する灯明。また、それを納めること。 >>『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号についての解説を見る 夏祭り・花火大会などの協賛金 税務上の処理. 献灯料とはなんでしょうか?①「献灯」とは神道や仏教の儀式の一環として、ロウソクなどに火を灯すことでしょうか?②「献灯料」といった場合は、儀式の一環として火を灯すため物品(ロウソクなど)のことですか?それとも物品ではなく金銭で供えるものなのでしょうか。 会社を経営されている方の場合、日常生活の中でも経費や消費税を意識しているかと思います。では、例えば香典を経費に計上できる場合があるとご存知ですか?今回は、香典を経費として計上可能な条件やその適切な勘定科目、また香典の消費税の課税区分を中心に解説していきます。 今回の経理・会計・税務アウトソーシングお役立ち情報vol.873は、協賛金を支払った場合の消費税の取扱いについてです。当社は、主催者より依頼を受けて、地元で開催されるお祭りに協賛金を支払うこととしました。この協賛金は、消費税を課税仕入れとしてよいのでしょうか。 例) 初穂料5,000を現金で支払った。 (寄附金)5,000 (現金)5,000 消費税については、対価がないので不課税取引となり ます。 第6号 平成22(2010)年8月23日 目 次 Ⅰ お祭りの協賛金について Ⅱ 知っておきたい!相続税の対策について 文責:上 野 隆 禁無断複写転載 1 はじめにこんにちは、草津会計士blog(@kkblog731)です。いきなりですが、皆さんがお支払いしているNHKの受信料の中には消費税が含まれていることはご存じかと思います。そしてこの消費税は軽減税率の対象ではないため、2019年10月か また、 消費税についてですが、喜捨金は課税の対象となりません 。 不課税取引として処理することとなります。 参考) 寄附金の概要 玉串料の勘定科目. 献灯とは?葬式用語。 ( 名 ) スル 神仏にささげるため社寺に奉納する灯明。また、それを納めること。 >>『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号についての解説を見る