忌引き休暇の期間中に土日があっても、その土日を含めて、3日間なり5日間となってきます。 「忌引き」は通夜や葬儀に参加するために設けられた特別休暇です。「忌引き」期間中に休日があっても、そのせいで葬儀が延長になるということはありません。 忌引き休暇の数え方は起算日だけに注意を払えばいいとは限りません。 本来の休日である 土日祝日や移動日 なども数えるのかといったことにも気を付けなければなりません。 以下ではそれら注意点について詳細に解説します。 勤め先に認定された忌引きが本来公休である土日に重なってしまうことは十分ありえます。たとえば土曜の朝に不幸があって弔事に伴う休みが3日取れるなら、土日を含んで月曜まで休みになるのでしょうか。 土日は忌引きの日数に含まれるのか.

訃報を聞いたならば取得する忌引き休暇、広く認知されているものですが、実際どのくらいの長さなのかご存知でしょうか。所得できる休暇の長さは故人の方との関係性により異なります。今回は日数の目安を土日の有無も踏まえ、解説してきます。