佐藤浩市さんは主演の福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役として演じています。 伊崎利夫が実在する人物かは不明ですが、モデルとなった人物が痩せていた為、佐藤浩市さんも痩せたのかもしれません。 確かに佐藤浩市は病気っぽい痩せ方だな… 佐藤浩市演じる伊崎利夫が部下を守ろうと必死に部下に指示を出す姿は福島原発や福島を守ろうと決死の覚悟で任務を遂行したい。そう感じましたね。最後の場面は感動しましたね。伊崎が家族のいる避難所を訪れ、「福島を住めない町にしてしまった。 大津波に見舞われた福島第一原子力発電所に残り、死力を尽くし続けた作業員50名の奮闘を描いた映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、震災から10年目となる今年の3月6日(金)に公開される。主演の渡辺謙さんに、本作の役どころや秘話についてうかがった。 伊崎と前田は家族と強く抱き合いました。しかし、伊崎は「住めない町にしてしまい申し訳ございませんでした。」と町の人々に謝ります。 しかし、避難住民の松永(泉谷しげる)は「利夫ちゃんは一生懸命やった!」と励ましの言葉をかけました。 福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫を演じるのは佐藤浩市さん。 佐藤さんは1960年12月10日東京都出身。 1980年にnhk「続・続事件」で俳優デビューを果たします。 解説. 東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50」が2020年に公開されます。 原作は90人以上の関係者の取材をもとにした門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。 主演の佐藤浩市が福島第一原発1、2号機の当直長。 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。 そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田(かどた)隆将(りゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男吉田昌郎と福島第一原 … 佐藤浩市さんの役は、福島第一原発1・2号機当直長「伊崎利夫」。 モデルとなった人物はいるものの、実在はしていない人物とのことでした。 重い内容ゆえか、映画参加に対してはだいぶ葛藤があったとの … 吉岡秀隆(前田拓実)…福島第一原発5・6号機当直長. 作品情報 キャスト 監督 若松節朗 主な出演者 佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 主な登場人物 伊崎利夫 吉田昌郎 前田拓実 野尻庄一 あらすじ 2011年3月11日午後2時46分、マグ 高い放射線量のもと収束作業にあたり、世界中のメディアから“Fukushima 50”とたたえられた名もなき作業員たちの姿を描いた本作。 元スレ. 1:2019/12/24(火) 20:24:21.18ID:q1W5GL0N0 福島第一原子力発電所の事故を描く「Fukushima 50」より、予告編がYouTubeで解禁された。. Fukushima 50の必見、インタビュー。今注目の俳優・監督とのインタビューを通じて映画「Fukushima 50」の注目ポイントを紹介。

佐藤さんは1、2号機の当直長として現場を指揮した地元出身の伊崎利夫役、渡辺さんは事故当時に第1原発の責任者だった故吉田所長役を演じた 【映画】福島50の出演キャスト 伊崎利夫役→佐藤浩市. この映画の主演を務めるのは佐藤浩市です。 渡辺謙(吉田昌郎)…福島第一原発所長. 佐藤浩市(伊崎利夫): 福島第一原発、1・2号機、当直長。 地元、福島県双葉町出身。 父親は福島第一原発の黎明期に建設現場で働いていた。 吉岡秀隆(前田拓実): 福島第一原発、5・6号機、当直長。 緒方直人(野尻庄一): 福島第一原発、発電班長。 佐藤浩市(伊崎利夫)…福島第一原発1・2号機当直長. 3月6日公開予定の映画「Fukushima 50」をご紹介。東日本大震災から9年。ついに原発で何が起こっていたのかその詳細が映画で語られる作品の登場です。当時の民主党政権を批判する映画なのか?実在した「Fukushima 50」の人々はどのように海外で報道されていたのか? 佐藤浩市さんの役は、福島第一原発1・2号機当直長「伊崎利夫」。 モデルとなった人物はいるものの、実在はしていない人物とのことでした。 重い内容ゆえか、映画参加に対してはだいぶ葛藤があったとの …