「納豆」はお好きですか?ちょっと苦手…という人も多いかもしれませんね。納豆が大好きな人からは、毎日欠かせない存在!という声も聞こえてきそうです。この「納豆」ですが、自宅でも作ることができるのをご存知ですか? 納豆菌(きん)が活発(かっぱつ)に活動できる温度は40℃前後です。 納豆は、稲(いな)わらに付いてる納豆菌が大豆(だいず)の成分(せいぶん)を栄養(えいよう)にして、繁殖(はんしょく)(たくさん増えること)して納豆になります。 納豆を手作り!市販の納豆から増やす方法 準備するもの. 乾燥大豆 200g ※ビオショップで手に入ります。 市販の納豆 大さじ 1 ( 納豆 10 粒程度 ) ※冷凍して解凍した納豆でも大丈夫です 納豆菌は空気に触れていないといけないので、アルミ箔に穴をあけて、それをかぶせます。 5: オーブンは最初殺菌をかねて200度で10分くらいおき、自然に温度が下がるのをまってから、45度くらいに温度調整して、容器に入った大豆を中に入れます。 納豆は、納豆菌をどこからか仕入れて来ないと作ることはできないのだと思っていたのですが。。。なんと!市販の納豆を使って、納豆を簡単に作ることができます。試しに作ってみたら、一回目で普通に納豆ができちゃいました♪海外では、買うと結構なお値段がす ドライ納豆をオーブンで作ってみましたが、失敗しました。失敗したというのは納豆のナットウキナーゼを加熱しちゃったからです。今回はドライ納豆の作り方。栄養的にナットウキナーゼをなくした話をご紹介します。 せいろ、もし … 宇佐美 桂子さんの大納言小豆を使った「ほんのり甘納豆」のレシピページです。しっとり柔らかな口当たりと、上品な味わいは絶品!ほんのりやさしい甘さなので、豆自体の風味がしっかりと堪能できます。仕上げのグラニュー糖は、お好みでどうぞ。 乾燥大豆 200g ※ビオショップで手に入ります。 市販の納豆 大さじ 1 ( 納豆 10 粒程度 ) ※冷凍して解凍した納豆でも大丈夫です ; 道具. 納豆を自分で作ってみました。 もちろん、豆の状態からつくるんです。そう、発酵させたんですよ! 難しいんじゃないかって? いやいや、それがびっくりするほど簡単だったんですよ。 しかも、当然コスパは最高。 朝にも夜にもネバネバが欲しい納豆ラバーのみなさま、レッツトライ! 何度か納豆作りをしていますが、毎回中途半端な納豆になります。原因は蒸した大豆の硬さが悪い事と保温温度を一定に保つことができていないこと。分かっているのに成功しません…。今回はオーブンを50度設定+タオル包みで保温してみる事にしました。 納豆を自分で手作りする工程を1つ1つ解説しています。自分で作った納豆はきっと美味しいですし、様々な大豆や納豆菌の組み合わせを変えて自分好みの納豆を作ることもできます。早速オリジナルの納豆を作ってみましょう! 納豆を手作り!市販の納豆から増やす方法 準備するもの.