結婚をしたら結婚指輪をつけるのが当たり前だと思っていて、自然と習慣化した男性は多いようです。 自分の周りにいる既婚男性のほとんどが結婚指輪をはめていたので、なんとなく流れに乗ったという こだわりがない男性 もいました。 プロポーズで贈られた婚約指輪はどの指につけるのが正解なのでしょうか。一般的には左薬指につけますが、なぜそのような習慣が生まれたのでしょうか。婚約指輪が生まれた起源からつける指それぞれの意味、結婚式での対応などご紹介します。 結婚指輪を身につけるかどうかで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。 つけていない割合は男性6割以上、女性3割以上! 結婚指輪を購入したカップルのうち、どれくらいの人が結婚指輪を身につけていないのでしょうか。 みなさん結婚指輪は左手の薬指につけていますよね!?でも左手薬指につけるその意味を知っていますか?指輪をつける指について、その意味や国による違い、先輩カップルの指輪のつけ方などをご紹介し … 皆さんは「指輪」をつけていますか? 結婚されている方は結婚指輪を付けていたり、ファッションで指輪をつけていたりとそれぞれだと思いますが、つける指によって意味があるのはご存知でしょうか? 指輪は右手や左手、それぞれつける指によって意味があると言われています。 2人の愛の証の結婚指輪。しかし、普段は結婚指輪をつけないという男性も多いようです。結婚指輪をつける男性とつけない男性の特徴と、その理由を分析してみました。 そもそも結婚指輪は、左手の薬指でないとつけてはいけないものなのでしょうか? 今回は、意外と知らない結婚指輪を左手の薬指につける意味、そして右手・左手それぞれの指に指輪をはめた場合の意味について紹介していきます。