永遠のファンタジー「美女と野獣」、待望の実写映画化!野獣(ヴァンサン・カッセル)の城に囚われの身となったベル(レア・セドゥ)は、恐ろしい姿に隠された、傷ついた心に惹かれていく。彼が野獣になった、本当の理由とは?“真実の愛”だけが、隠された秘密を解き明かす――。 映画「美女と野獣」野獣のキャラがひどいしつまらない?評価や感想. 美女の野獣の吹き替えがひどいという声があるが、これは実写版の美女と野獣の吹き替えについて。 2017年公開の実写版「美女と野獣」はミュージカルということもあり、歌手を吹き替えに起用したが、これによってアフレコが下手すぎるとの声が多かった。 ディズニーの名作アニメーション映画を実写化した『美女と野獣』(2017)。 2017年に公開され、興行収入は124億円を突破。 2017年のNo.1ヒット作となり、日本国内で公開されたミュージカル映画 実写映画「美女と野獣」の吹き替えの声優や歌の歌詞だけでなく、そもそもの「美女と野獣」のストーリーについての意見もありましたので、少しだけ紹介します。