表象文化論学会第4回大会パネル記録集』北村紗衣 発行、2012年4月、isbn 978-4-9906091-0-8。 西洋史若手研究者問題検討ワーキング 編著『西洋史若手研究者問題アンケート調査最終報告書』北村紗衣 発行、2015年1月、isbn 978-4-9906091-2-2。 主な著作 学位論文 1.学部共通科目 - 表象文化という「こころのかたち」をとらえます。 本学部全体を貫く基本的な考え方を学ぶために、表象文化に直接かかわる「文学と表象」「文化と表象」および「舞台芸術文化論」という科目が設置されています。 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻 ・ 表象文化論コース / Culture and Representation ・ 文化人類学コース / Cultural Anthropology ・ 比較文学比較文化コース / Comparative Literature and Culture 大学院入試に関する情報は、総合文化研究科ホームページの 大学院総合文化研究科入試関連情報 … 表象文化論は、多様なジャンルの芸術・文化に対して横断的にアプローチする学問です。 1986 年、東大教養学部に学科が設立されて始まっ た、比較的若い学問分野で、それゆえの野心的な進取の気風が特 … 表象文化論(ひょうしょうぶんかろん、 Studies of Culture and Representation)とは、「表象」(英: Representation 、仏: Représentation )として現れる文化事象を、分析し、考察する学際的な学問の一分野である。 日本においては東京大学が1987年に教養学部教養学科に表象文化論分科を設置したのが始ま … 「表象」を丁寧に読 み解くための基礎的な講義。できるだけ受講者と討議しながら進めたい。 科目区分 科 目 名 担 当 者 名 表象文化論 伊津野 知多 講義型 校舎 教養 授 業 計 画 内 容 「表象」とは何か 映画を「読む」ために 映画の時間と空間①