訪問介護の事業所に限らず、介護に関連するすべての事業所では、研修を実施することが義務付けられています。情報公表制度が出来てからは、細かくどのような研修内容で、行われているか明らかにしなくてはならなくなりました。では、訪問介護の事業所では、最 特定事業所加算の算定に要する「個別研修計画」の作成に係る留意事項について. 旧介護職員基礎研修修了者、旧訪問介護員1級又は旧2級課程修了者をいう 定義 「訪問介護」は、その行為の内容に応じ、次の3類型に区分される。 ①身体介護 ≫ 利用者の身体に直接接触して行われるサービス等 (例:入浴介助、排せつ介助、食事介助 等) b. 特定事業所加算Ⅰ 1 訪問介護員等ごとの研修計画の作成、実施 あり 研修計画書(事業計画書) 2 利用者情報、留意事項伝達、技術指導等の会議開催 概ね1月に1回以上会議記録 3 サービス提供責任者による利用者情報等の伝達、報告 文書等により実施 特定事業所加算を取得する事で特定処遇改善加算 が取得可能。 介護職員の更なる賃金待遇改善や、特定事業所加算取得に伴う サ責業務負担への緩和(納得感の醸成)を実現します。 (例)売上200万円の事業所が、特定処遇改善加算 (6.3%)を 厚生労働大臣が定める基準に適合しているものとして、知事に届け出た訪問介護事業所が、指定訪問介護を行った場合は、1回につき下記の単位を所定単位数に加算しま … ・特定事業所加算 個別研修計画 (excel) 居宅介護支援事業所における特定事業所加算用に作成したものですが、訪問介護事業所においてもご利用いただけるよう作成しましたので、参考までに掲載いたしま … ・日をまたいで重度訪問介護の支援に入り、時間の切れ目なく身体介護の支援を同じ従業者がした場合、サ責からの伝達は、重度訪問介護の前に行ってよいか? (例)16:00~翌8:00重度訪問介護 8:00~9:00身体介護 訪問介護事業所における特別事業所加算について、教えてください。 要件の一つに、「ヘルパーごとに研修計画をたて、実施している。」とありますが、毎月ヘルパーごとの計画が必要なのですか? 特定事業所加算(1)から(3)の算定要件の一部として、 a. 当該指定居宅介護支援事業所における介護支援専門員に対し、計画的に研修を実施していること. 特定事業所加算(訪問介護)について. (1) 計画的な研修の実施 指定訪問介護業所の全ての訪問介護員等 (登録型の訪問介護員 等(あらかじめ当該指 定訪問介護業所に登録し、当該指定訪問介 護業所から指示があった場合に、直接、当該指示を受け … 居宅介護支援事業および訪問介護事業における特定事業所加算の算定に要する介護支援専門員等の個別具体的な研修の計画の留意事項について、以下の通知のとおり定めることといたしました。 特定事業所加算(訪問) 〔 体 制 要 件 〕 (1) 個別の訪問介護員等に係る研修計画を策定し、当該計画に従い、研修を実施している又は実施することが予定されている。 特定事業所加算の研修計画について(ワード:92kb) 特定事業所加算の研修計画策定にあたっての留意事項です。 こちらを確認のうえ、目標、内容が当該加算の主旨に合致した研修計画を策定してください … 他の法人が運営する指定居宅介護支援事業者 と 共同で事例検討会、研究会等を実施していること 特定事業所加算 個別研修計画書作成の留意事項 平成26 年7月版-1- 「個別研修計画」作成にあたっての留意事項 はじめに 本資料では、居宅介護支援事業及び訪問介護事業の特定事業所加算、訪問入浴介護事業及び訪問 … ・日をまたいで重度訪問介護の支援に入り、時間の切れ目なく身体介護の支援を同じ従業者がした場合、サ責からの伝達は、重度訪問介護の前に行ってよいか? (例)16:00~翌8:00重度訪問介護 8:00~9:00身体介護 < 訪問介護・訪問看護 事業所が当様式を使用する場合について > 訪問介護・訪問看護の特定事業所加算(サ強化加算)においては、居宅介護支援事業所とは異なり、加算の算定要件に「管理者による目標達成状況の確認」等の規定はありません。 ※特定事業所加算Ⅳはサービス提供責任者への研修要件等、上記とは違った要件となります。 社会保険労務士事務所アコードでは、訪問介護事業所様の特定事業所加算の算定に関する相談や助言または勉強会(研修)も行っています。 サービスご利用には、特定事業所加算Ⅰ(基本料金の20%)および特別地域訪問介護加算(基本料 金の15%)が加算されます。 当事業所は、介護職員の処遇改善に取り組む事業として「介護職員処遇改善加算(Ⅲ)」(1ヶ月の 個別の訪問介護員等に係る研修計画を策定し、当該計画に従い、研修を実施して いる又は実施することが予定されている。 有 ・ 無 有 ・ 無 常勤換算 職員数 利用者に関する情報の伝達又は訪問介護員等の技術指導を目的とした会議を定期 的に開催している。 特定事業所加算を取得する事で特定処遇改善加算 が取得可能。 介護職員の更なる賃金待遇改善や、特定事業所加算取得に伴う サ責業務負担への緩和(納得感の醸成)を実現します。 (例)売上200万円の事業所が、特定処遇改善加算 (6.3%)を 特定事業所加算とは、研修の実施や介護福祉士といった高度の資格を持つ人を揃えているなど、サービスの質の向上を図っている事業所に対して加算して支払われるものです。その内容によって4つの段階が …