配当金の支払調書の提出義務はある? 株主に対して配当金を支払う法人は、配当等の支払を受けた者ごとに支払った金額や支払の確定した日などを記載した支払調書を税務署に提出する必要があり、また義務付けられています。. 今回は、『配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書』をご用意いたしました。 Download Contentsページへ こちらは、次の平成28年分以後の支払調書と合計表のひな型をもとに作成しました。 法定調書関係 1月末に、第三者割当で株式を購入しました。3月決算で、総会の案内が届いたのですが、配当金16800円(新株4200円)と記載されていました。配当総額から旧株と今回の第三者割当による新株を、上記の配当額にしたがって差引と、ぴったりゼ 支払調書の宛先は社員持株会ということになります。 3)社員持株会側の事務処理(信託計算書の作成) 社員持株会から株主に対して配当金を支払った場合には、社員持株会は信託計算書を作成しなければ …

野村證券の新株のページ。資産運用や退職金・相続などのご相談なら野村證券。株、投資信託、債券、ファンドラップ、nisaなど幅広いラインアップで、店舗でのご相談からインターネット取引まで、あらゆるお客様をサポートいたします。 企業は、株の配当金や利益剰余金の分配、配当を実施した場合に、受け取る方ごとに「配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書」を作成し、税務署へ提出します。 また、配当金や剰余金等を受け取る方へそれぞれ同支払調書を交付します。