彼は私と一緒に学校に行った男の子です。 上記の例文を二つの英文に分けると、下記のようになります。 He is the boy. What I want is a car. 関係代名詞whatを用いた節 (What+主語+動詞)は名詞節になり、 以下のように主語、補語、目的語になります。 主語になる場合. Page Top. 「私が欲しい物は、車です。」 What I wantの部分は、 「私が欲しい物」という意味で ターゲットなる名詞はこの「the place」です。 「the place」を説明する文章として、“I visited the place yesterday.”があります。 この二つの文章をくっつける役目を関係詞が担います。 関係代名詞だろうが、関係副詞だろうが、 まとめれば非常にシンプルですよね。 2. 関係副詞のwhen・関係副詞のwhere・関係副詞のwhy・関係副詞のhowなどが有名です。 ※そもそも「節」ってなんだっけ、というあなた。 「節」とは、「2語以上からなる単語の固まり」のことで、そのうちにSV、つまり主語と述語動詞を含むものです。 関係代名詞と関係副詞の使い分けについて。高校生の苦手解決Q&Aは、あなたの勉強に関する苦手・疑問・質問を、進研ゼミ高校講座のアドバイザー達がQ&A形式で解決するサイトです。【ベネッセ進研ゼ … 関係代名詞の仕組みについて理解できたら、次は関係代名詞の働きをもう少し落とし込んで見ていこう! 関係代名詞に修飾される語句、つまり先行詞は、関係詞節の主語になるか、目的語になるかという大きく2つのパターンに分けることができるよ。 副詞のなかには、「だ」「です」などの付属語をともなって 述語 じゅつご になるものもあります。 次の例文の「すぐ」「そう」という副詞は、それぞれ直後に「だ」「です」という付属語をともなって述語の文節になっています。 ・駅までもう すぐ だ 。

このような文節どうしの関係を主語・述語の関係といいます。 主語・述語の関係は、 文の骨格 です 。 つまり、文の成り立ちを知るためには、まず第一にその文の主語・述語となる文節はどれかをかんがえる必要があります。 間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。 先行詞の名詞(the boy)が、関係代名詞節の主語となるので、「主格」の関係代名詞(who)を使います。 He is the boy who went to school with me. 主語になる関係代名詞2 that/whichへ進む 間接疑問文の語順へ戻る ネコでも解ける、中学英語トップへ.

彼は男の子だ。 The boy went to … 関係代名詞whatの使い方.