なお、文字列を表す場合にはダブルクオーテーションで対象の文字列を括ることになっています。 図2 クエリでのテキスト型抽出条件 図2に示すように条件を設定し、データシートビューで確認すると、氏名が「渡辺 五郎」であるレコードだけが表示されると思います。 Like 抽出条件または演算子は、フィールドの値を文字列式と比較するときに便利です。次の例では、文字 P の後に、A ~ F の範囲のいずれか 1 文字および 3 つの数字が続くデータが返されます。 Like “P[A-F]###” 現在、Accessを使用し、データを簡易的に編集・集計できるようクエリーをデザインビューで作成しています。 そこで、以下の2つのようなデータ抽出・フラグ立てをしたいのですが、どのような関数を使用すれば分からず 悩んでいます。 どなたか、ご教授いただけないでしょうか。 【Access】Dcount関数を使ってレコード数をカウントする方法; Accessクエリで連番を振る!文字列と数値型には注意! Accessクエリの抽出条件でIIf関数を使用する方法 【Access】vbaでフォームからレコード追加しよう 【Access】VBAテーブルのデータを全部削除する方法 Like 抽出条件のパターンと結果の例. 【Access】Dcount関数を使ってレコード数をカウントする方法; Accessクエリで連番を振る!文字列と数値型には注意! Accessクエリの抽出条件でIIf関数を使用する方法 【Access】vbaでフォームからレコード追加しよう 【Access】VBAテーブルのデータを全部削除する方法 任意の1文字 # 任意の1けたの数字 [ ] [ ]内の特定の文字 「*」や「?」を抽出したい 「*」や「?」は抽出条件の中でワイルドカードとして扱われますが、「[ ]」の中に入れれば文字と見なされます。例えば「*」を含む文字列は「*[*]*」、また「?」で終わる文字列は「*[? 文字列から数字のみを抽出する方法にはいくつか考えられます。 Excelのワークシート関数を組み合わせて抽出する方法、VBAで1文字ずつ数字かどうかを判別する方法、そして、正規表現で数字を判別する方法などです。

正規表現で数字を抽出.


デザイングリッドの対象となるフィールドの[抽出条件]行に検索する文字列を入力します。完全一致の場合はその文字列、その指定の文字を含む場合はワイルドカートを使うとokです。この記事では、完全一致、~から始まる、~を含む、等の抽出条件の設定方法について説明します。 文字列として得られた計算結果を数値として表示したいときに役に立ちます。 ここでは、Accessの関数でNull値を別の値に変換する方法のクエリを修正して、Nz関数の結果の数字が数値として右ぞろえで表示されるようにします。 関数の解説.