ゆっくり実況動画を簡単に作れるソフト「ゆくサク」を紹介します。「ゆくサク」はAviutlに直接ゆっくりボイスを読み込ませることが可能なソフト。字幕も同時に生成することができます。YMM3 のようにAviutlの外部で編集する必要がないため、編集の効率アップが見込めます! AviUtlを使用して、動画に字幕(テロップ)を入れる方法について紹介します。字幕を入れる手順字幕を入れる大まかな流れは、以下の動画を参考にしてみて下さい。この記事では、文章で動画の内容を紹介したいと思います。以下、字幕を入れる流れです。 aviutlのテキストの入力よくわかりました。 ただ、投稿文字が1000字以内ということを表示しておいてほしい。 どこかに明記してあるそうです。 どんなにいいpcを使っても、動画編集は基本重いです。 ・サイズの大きなテキスト ・グローやぼかしなどのエフェクト ・同一フレームに多数のオブジェクト. 今まで編集してきて重いと感じたのは、こんなところでしょうか。 動画編集は重い. AviUtlはデフォルトの状態では、 AVI形式でしか動画を出力できません。 出力プラグインを導入すると、 MP4形式で出力できるようになります。 ダウンロード 今まで編集してきて重いと感じたのは、こんなところでしょうか。 AviUtlの動作が重くてカクカクしたり、音声が途切れ途切れになったりした際の対策について紹介します。最初にAviUtlは32bitソフトなので、「高解像度な動画」の編集には向いていません。目安で言うと 1280×720以下:→サクサク編集 AviUtlを利用していると、動作がカクカクして作業どころではないことがあります。どうしてそこまで重い動作になるのか、気になる方はこちらの記事を一読ください。AviUtlが重い原因とその対処法について余すことなく説明します。 動画編集は重い. どんなにいいpcを使っても、動画編集は基本重いです。 ・サイズの大きなテキスト ・グローやぼかしなどのエフェクト ・同一フレームに多数のオブジェクト. プレビューが重いと感じていた方にとって、拡張編集RAMプレビューは一度使ったら離れられないものになりそうですね。未導入の方は是非導入してみてください。 AviUtl 用プラグイン「拡張編集RAMプレ … Aviutlの初心者です。youtubeでダウンロードした動画をaviutlで編集しているのですが、再生するとカクカクとしてしまういます。拡張編集の画面でyoutubeからダウンロードしたファイル(MP4)を読み込み、写真を挿入するといった作業です