excelでデータを抽出することは、通常のexcelでもオートフィルタ機能で簡単にデータを抽出させる事が出来ますが、vbaを使ってオートフィルタを使う場合は、プログラムに組み込む事ができるので、ある処理結果を条件にすることにより、抽出するデータを表示する事も出来ます。 日付指定の注意点 セルの書式は「日付」であること。 また、セルの表示形式が 2019/5/26 であれば、Criteria1:="2019/5/26" の記述にします。 セルの表示形式が 2019/ 05 /26 であれば、Criteria1:="2019/ 05 /26" の記述にします。 表示形式に相違があるだけでフィルタにヒットしないためご注意ください。 オートフィルタはExcelのデータベースとしての非常に強力な機能を提供してくれています、VBAで、必要なデータだけに絞り込んで他のシートにコピーしたり、不要なデータを一括で削除したりする場合は、とても高速に処理することができます。 なお、ここで解説するオートフィルタは、通常のワークシートに設定されているとします。テーブルでオートフィルタを操作するときは、また別の考え方が必要です。vbaでテーブルを扱う方法に関しては「vbaでテーブルの操作」をご覧ください。