いくつかの実行結果です。 1つ目の整数: a = 5 2つ目の整数: b = 3 a + b = 8 a - b = 2 1つ目の整数: a = 52 2つ目の整数: b = 14 a + b = 66 a - b = 38 では簡単なサンプルプログラムを作成して試してみます。 test9-1.c 上記のプログラムでは、c言語で四則演算を行っています。 +、-などの計算に使う記号は、演算子と呼びます。 ふだん私たちが使っている記号と違うものもありますので、主なものを表にまとめました。 サンプルプログラムで使っている構文. scanf関数 - 数値の入力; 四則演算 - 算術演算子; 実行結果. 四則計算とは、足し算、引き算、掛け算、割り算のことです。 (加算、減算、乗算、除算) プログラミングでは頻繁に計算を行います。 計算の仕方は単純で、見た目にもわかりやすいですが、いくつか注意点があります。 四則計算と算術演算子 四則計算. カッコを使うことで演算子の優先順位が低い処理であっても先に処理させることが出来ます。 サンプルプログラム.

プログラミング言語の基本となる「c」。正しい文法や作法を身に付けよう。cには確かに学ぶだけの価値がある(編集部) (1/3) 1 四則演算のプログラム 2 c言語で四則演算を使って10を作るプログラム 3 c言語で、一桁の整数4つを、四則演算より答えが10になる全ての式を出力するというものです。 4 四則演算プログラム 5 2つ分数の四則演算を行うプログラム 四則演算 コンピュータのすごいところは、計算をするのが人間よりも優れている点でしょう。コンピュータに単純計算をさせるだけなら、人間よりも正確に速く計算することができます。今回は、その計算プログラムを作成してみましょう。 演算子 +