Photoshopで色の置き換えを行う方法をさまざまで、メインメニューの「イメージ」より「色調補正」でも同じ補正を行うことができます。しかし、画像に直接加工を施すので、元の画像に戻ることはむずかしくなります。 バイク画像が全体的に青みがかり、両方の色調が違和感無く調和しました。 車画像はわかりやすく青みがかっていたため、色調補正の【レンズフィルター】でも合わせやすかったと思います。 Photoshopで写真を芸術的で雰囲気のある【セピアカラー】にする4つの方法を初心者向けに紹介する記事です。レンズフィルターを使用する方法、色調補正を使用する方法、グラデーションマップを使用する方法、オーバーレイを使用する方法の4つを解説。 Photoshopで編集したい画像を開きます。 メニューバーのレイヤーを押して、新規調整レイヤー→色相・彩度を選択してください。直接画像に色調補正をかけたい場合は、メニューバーのイメージを押して、色調補正から色相・彩度を選択します。 Adobe® Photoshop®で背景をレイヤーに変更してしまった後、やはりもう一度背景を作りたくなることはよくあります。 ところが、レイヤーを背景に変更するメニューが見つけにくい場所にあり、一度背景をレイヤーに変更したらもう二度と背景は作れないと思ってしまうかもしれません。 レイヤーに関する操作を行うレイヤーパネルやカラーと色調を調整する色調補正パネルなど、メニューバー「ウィンドウ」に収録された機能を確認します。画像編集ソフト Adobe Photoshop CS5(アドビ フォトショップ CS5)の使い方です。