のように、body 要素に admin-bar という class が付きます。 #wpadminbar は、ここでは関係ありません。.site-header { position: fixed; top: 0px; } で、ヘッダーを上部固定しているのであれば、 position プロパティで指定するのは、配置方法 (基準位置) のみです。「基点」 からの距離は、 top、 bottom、 left、 right を併用して、これらの値によって決まります。 配置の例. position:absoluteを設定すると、その要素(#distinctive)の幅や高さの影響を、他の要素は受けなくなります。 (#distinctive)自体が独立した存在になってしまいますので、重ねたくないのであれば、他の要素のmarginやpaddingで#distinctive分のスペースを設定してあげる必要があります。 ヘッダーメニューをposition:fixedで固定して下位要素をスクロールで上下にずらしていくようなページデザインをCSSで実装した際に、困ったこととその解決方法についてまとめました。 CSSのpositionは、static, absolute, relative, fixedがあり、デフォルトではstaticです。 要素のZ軸上での重なりは必ずしも、z-indexの値や、HTMLで記述した順番通りではなく、 このpositionとも密接な関係があります。 positionとZ軸上の位置関係 positionプロパティに指定出来るのは上記の通りです。親要素がstaticの場合にabsoluteを指定するとfixedと同じ挙動になりますが、まず使うことはありませんので、親要素には必ずrelativeを指定すること … positionの種類. スクロールバーがコンテンツを重ならないようにするにはどうすればいいですか?

ヘッダーを『position:fixed;』指定時にヘッダーの高さ分だけコンテンツを下げる | RunLandは全国対応の「下請け・外注」専門のWEB制作会社です。外注パートナーをお探しなら、是非ご相談下さい。 fixed 絶対位置への配置です。ウィンドウを基準とし、スクロールに付いてきます。 positionと一緒に使うプロパティはこちら。 これらはpositionがstatic(要は無指定)だと使用出来ません。 left 基準位置の左からの数値を入力します。px、%がよく使われます。 right 配置がどのようになるかを見るために、以下のような XHTML と CSS を用意した。 ライター内藤です。花粉、そして1pxと闘っているWebコーダーでもあります。 最近、立て続けに「上部固定グローバルナビゲーション」を使ったWebサイト構築に2件ほど携わりました。1件はWordPress、もう1件は手打ちの静的サイトです。改めて思ったのは「固定ナビゲーションには落とし穴 … 「position:fixed」を指定すると、通常のHTMLの定義から外れるため、その上に同じ幅と高さの「header-bk」を定義します。 「header-bk」はheightが110pxでpaddingが上10px、下20px取っているため、110+10+20で140pxとなります。 html - 非表示 - position fixed 重なる . ヘッダーの固定は position: fixed; で可能です。 固定したい場所を < div > などでまとめ、そのエリアを position: fixed; で固定するとスクロールしても固定した部分はそのままついてくるようになります。 注意しなければいけないのが固定したあとのメインの位置も設定しなければならないということ。 absoluteについて、ブラウザを縮小すると、固定した画像がホームページの内容に重なって表示されてしまいます。重ならないようにするためにはどのようにすれば良いのでしょうか?