先日、仕事で受け取ったExcelデータにTRIM関数で除去できない謎の半角スペースが混じっていた。その現象を再現したのがこちら。 A1セルとA2セルは全く同じに見えるが、A1セルの1文字目はトリムできない謎のスペース。A2セルの方は通常のスペースである。 Trim 関数で、先頭と末尾の空白(半角スペース・全角スペース)を削除する方法と使用例 LTrim 関数で、先頭の空白(半角スペース・全角スペース)を削除する方法と使用例 RTrim 関数で、末尾の空白(半角スペース・全角スペース)を削除する方法と使用例

trim関数では、文字と文字の間のスペースの1文字除いてすべて削除します。この機能を利用して、文字間のスペースを統一して、見栄えよく整えることができます。次の例では、会社の種類と会社名の間のスペースの数が不統一になってしまっています。 すると田中とユタカの間の余分な空間が削除されました。 trim関数はお利口なので全部の空白を消すのではなく、2個以上空白が続いていた場合、1個だけ残すという働きをしてくれます。 業務用のvbaでよく使うのが「空白セルまでループ」です。このサイトでもいろんなページで書いてます。 コードでは以下が基本形になります。 まとめ .

マクロVBAの処理において文字列置換は頻出の処理ですが、これに苦労している初心者の方が多いようです、そこで文字列置換の基本と応用について解説します。・文字列内の空白(半角・全角)を取り除く VBA関数のTrimは前後の空白が削除されるだけです、そこで、Replace関数を使います。 不要なスペース(空白)を取り除く(TRIM関数)Excelでは文字列を操作する関数がいくつもあります。その中で便利な関数が「TRIM関数」です。「TRIM関数」は、不要なスペースを取り除いてくれます。データをまとめていたり、資料を作っていた まず、 substitute 関数、 trim 関数の説明です。 (画像をクリックすると、このサンプルがダウンロードできます) このシートでは、 a 列が「不統一に入力された氏名」です。 氏名間の空白があるものないもの、全角のもの半角のもの、半角で空白2個のものなどが混在しています。 空白セルまでループ. 文字列の前後に付いているスペース文字や、改行文字などの空白文字(ホワイトスペース文字、whitespace characters)をすべて削除したい場合は、StringクラスのTrimメソッドを使います。

エクセルVBAで空白を削除するには、Replace メソッドを使用します。 Replace メソッドは、セルの範囲で文字列を他の文字列に置換します。 スペースをブランクに置換えることによって、文字列の不要なスペースを取り除くことができます。 どこの空白を削除したいかで、3種類のTrim関数を使い分けてくださいね。 全部の空白を削除するにはReplace関数だけど、文字の間の空白を削除したら、同じように空白を入れるのはできないのでご … エクセルの trim 関数の使い方を紹介します。trim 関数は文字列の空白を削除します。文字列の前後に入っている空白を削除したいときに使用します。半角スペースや全角スペースを削除する方法も紹介しま … String.Trimで空白文字を削除する.