KMS認証に似ているが、認証はドメインに属しているクライアントにActiveDirectory(AD)を通じて行われる。 MAK. インターネット接続ができない環境で Windows Server 2012 R2 のライセンス認証(アクティベーション)を行う方法です。 Windows Server ではこのような環境を想定してオフラインでライセンス認証を行う方法があります。 コマンドが正しく実行できると、下図の指定したプロダクトキーで正常にインストールできた旨のメッセージがダイアログで表示されます。 設定画面の[更新とセキュリティ]の画面の[ライセンス認証]画面 … ただしこちらの場合は、エラーの出方が少々フレンドリーではない。 例えば、MAKキーが間違っている時、「MAKキーが違います」といったエラーではなく、「不明なエラー」と出てしまう。 方法1 コマンドによる変更。 cscript "C:\Windows\system32\slmgr.vbs" /ipk MAKキー. www.putise.com にURLを変更しました。 Google サイトを試しています。 ・Google Analytics ・Google ウェブマスターツール も利用してみています。 googleファンです。 インフラ系のSE業を生業としている、ぷちSEです。 windowsサーバー情報が多いですが、サーバー仮想化やストレージ、Linux、solarisと … メモ帳にコピーしたコマンドを貼り付けて、お使いのプロダクト キーを入力します。 ... Office 2016 のライセンス認証をする方法を解説します。 コマンド・プロンプトを立ち上げ、 > slui 03 を実行。(slui.exe 03) プロダクトキー入力ウィザードが立ち上がるので、MAKキーを入力する。 その後、オンラインの認証を経てライセンス認証が終了するが、例えばスタンドアロンな環境など、 複数回利用可能な同一のボリュームライセンスキーを利用して、インターネットか電話でライセンス認証する。 Windows Server 2008のServer Coreでは、コマンドラインからライセンス認証を行う必要がある。このためにはslmgr.vbsコマンドを利用する。